Show MenuHide Menu

心の鎧があるうちは

2014年6月19日

EA060_L
F子さんの表情は、最初から硬かった。ふつう患者には、多少とも医者に〃すがる″ような気持ちがあるものだが、F子さんは違った。
初対面というのに、突っかかるような言葉がたびたび飛び出してきた……。
私のところを訪れる患者さんには、こういうタイプが少なくない。
いろんな開業医や総合病院で治療を受けたがいっこうに子宝に恵まれず、あきらめかけたころ人にすすめられて.…:というケースが多いからだろう。
つまり、医者通いが徒労に終わるたびに医者への不信感がっのってきて、私のところでは頂点に達している、というわけだ。
案の定、F子さんもそうだった。姑さんから責められて病院通いをはじめたが、それが三カ所、四カ所とカラ振りつづき。すっかりイヤ気がさしていた。
だから、「今度も多分ダメだろう」という重苦しい諦観が、「いや、ひょっとしたら:::」という淡い期待を押しつぶしてしまっているようだった。
心に鎧を着た患者ほどやりにくいものはない。医者としては、一枚ずつ納得して鎧をぬいでもらわなければ話にならないのだ。

私は、根気よく説明することにした。
専門医以外のところでは検査に限界があるから、ここで再検査したほうがいい。
不妊症は注射すればなおるといったものではないので、ご主人もいっしょに治療に協力してもらうこと・…:。
F子さんは熱心に耳を傾ける風でもなく、なんだかうさんくさい話を聞かされているような表情である。
やがてl、「子どもができるかどうかもわからんのに、主人も検査をしなければあかんのですか」こんな質問まで飛び出してきたりした。
「奥さん。あなたは、まだ心に鎧を着てますね。私に対して不信感を抱いている間は、いくら検査や治療を繰り返してもダメですな」
私は、わざと突っ放したような口調で言った。医者と患者の間にも、たしかに相性の良し悪しはある。
だが、そういう個人的感情を乗り越え、信頼という絆のもとに歩調をそろえないことには、成るものも成らないではないか.:…。
ようやくF子さんの表情がやわらいだ。〃それほど言うのなら、まかせてみようか〃という気になりかけたようだ。
「じゃ、とにかく検査からはじめましょう。信頼してもらえるように、私も努力しますから」そういうと、F子さんはコックリうなずいた。かすかだが笑顔さえのぞいた。

出典:出会いがない 社会人

夫の決断で

2014年6月19日

EA059_L
「先生、ほんとに私、子どもができるでしょうか」
最初の診察をすませ、カウンセリングに入るとき、たいていの患者はこう質問する。J子さんも例外ではなかった。そして私は、いつものように断定的に答えた。
「できるはずです」「ま、どうしてですの?」「あなたが、女だからです」
J子さんのような知性派でも一瞬わかったような、わからないような不安気な表情になる。そこで、私は、もう一つ付け加えた。
「診察の結果、あなたは五体満足とわかった。これからあとは〃なぜ妊娠できないか″を徹底的に調べなおして、わるいところをみつけたら修理していく。
それが無事にすめば、赤ちゃんはできるはずです」
子宮がないとか、卵巣を切除しているとか、夫に精子がない:…といった決定的な欠陥があれば話は別だが、普通は診察→カウンセリング→検査へと移行していくものである。
J子さんは卵管がつまっていることが検査でわかった。これは手術でなおすほかはない。
手術で卵管を疎通させるのは難しいことではないが、卵管が正常になったからといって妊娠するとは限らない。
専門医である私の場合でも、年間百例近い臨床例のうち妊娠まで漕ぎつけるのは三’四割足らず。妊娠機能というのは、それほど微妙なものなのである。
そういう事実や統計まで話したうえで、手術するかどうかを聞いてみた。J子さんは「妊娠できるかどうか、手術する前にわからないんですか」と食い下がる。
私は予言者でもないし、まして、透視術をわきまえているわけでもない。
結婚前に相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。
「もちろん、やる以上は百%成功させるつもりで取り組みますが、私にまかせるかどうかはあなたの判断次第ですよ」
J子さんのような教養ゆたかな女性には、意外と頑固な人が多い。自分の判断は後回しにして、将来のことをやたらと切り口上で質問してくるのもこのタイプだ。
こうして、手術の結論はのびのびになった。ご主人がやってこられたのは三回目のときだったろうか。そして、私から話を聞くと、決断は速かった。
「手術、お願いします」。その瞬間まで迷っていたJ子さん自身、実にあっけなく夫の一言に従った。夫の前で、J子さんは別人のように〃かわいい女″であった。

参考:

不妊治療後に出産した方々からの

2014年6月19日

EA058_L
正月がめぐってくるたびに、私は胸はずむ想いがする。それは、患者だった人、つまりクリニックの〃卒業生″たちから年賀状が何百通と舞いこんでくるからだ。
めでたく子どもが生まれた翌年、つまり初年度の年賀状には、まるで申し合わせたように子どもの大写しの写真が刷りこんである。
「あきらめていたのに、まるで奇跡のように授かった子宝なんですよォ」という夫婦の喜びが、小さな葉書のワクから噴き出さんばかりだ。
もちろん、添えている文章も「おかげさまで、にぎやかに、幸せな新年を迎えました」といった調子の、はずむようなリズムに満ちたものばかりである。
それらを一枚一枚手にとりながら、私の記憶はめまぐるしく回転する。「この子は母親似だなあ」とか、「たしか二時間に及ぶ手術の結果、産まれた子だったぞ」とか、「そうそう、ガンコな
お姑さんだったが、いまはうまくいってるだろうなあ」とか、一つひとつが昨日のことのようによみがえってくる。
経験値を上げるにはまず相手がいないとね。
そして最後には「この仕事をしていて、よかった」と、しみじみ思う。ほんとに、これこそ医者冥利というものだろう。
二年目になると、家族全員で撮った写真を刷りこんだ年賀状がグンとふえてくる。添え書きの近況報告も長文になり、なかには早くも二人目の子どもまで生まれているケースもある。
不妊に悩んでいたころに比べて、子どもを産んだおかげで目に見えてふっくらと女っぽくなった母親の姿に接することができるのも、この写真のおかげである。
三、四年すると、ふっと年賀状が途切れてしまうことが多い。
医師と元患者という関係は、もともとその程度のつながりだろうと思っていると、最初の子どもが小学生になるころ、また便りがくることも珍しくない。
思うにこれは、子育てに追われて新年のあいさつどころじゃないという時期があり、それが過ぎて入園、入学といった一つの区切りを迎えたところで再び思い出していただいた、ということ
なのだろう。
患者とひとくちに言っても、印象の薄い平凡な人もある。ひどく個性的で、いつまでも忘れられない人もある。
だが、共通しているのは、子どもができたあと、その子が死んだとか、家庭内がうまくいかなくなったとかいった暗い話が全くない、ということだ。
医者と患者の絆は、私の場合、いくら歳月を経ても切れようがないものらしい。そして、その絆を年に一度、確認させてくれるのが年賀状、ということだろう。

出典:出会い系 サクラいない

奇跡の起こるとき

2014年6月19日

EA057_L
不妊症で手術というのは、よくよくのことである。丹念に検査し、月日をかけて治療し、「もうあとはこれしかない」と判断したとき初めて患者さんに相談をもちかけるものだ。
ところが、「手術」と聞いただけで、ピタッと来なくなる人がいる。恐怖心、あるいはアレルギーというべきか、頭から手術ぎらいなのだろう。
逆に「手術は絶対にイヤです」といいながら、相変わらず熱心に通院してくる患者さんもいる。
「あなたの場合、もはや手術以外に方策はないのですよ」と申し上げても、「いえ、でも何かの拍子に奇跡が起こるかもしれませんし……』とおっしゃる。こうなるとそのまま治療を続けるほかない。

だが、実は奇跡が起こることもないわけではない。たとえば、ほとんど排卵のなかったJ子さんの場合I。
もはや手術しかないと説明したとき、J子さんはあっさり了解した。ご主人もやってきて協力った。はればれとした表情をみせた。マナイタの鯉、すっかり心を決めて、むしろ不安よりも精
を約束した。そして、その準備のための一、二週間.:…。J子さんは以前に比べて急に明るくな神的な安定状態が訪れたのだろう。
そろそろ手術の日どりを決めようと思っていた矢先、突然J子さんに排卵があった。あれだけ長い間、手を尽くして治療し、投薬したのに何の反応も示さなかったJ子さんにI。
「先生、こんなことって、あるんでしょうか」
「うlむ、まあ手術は保留して、ちょっと様子をみてみましょう」
だが、様子をみる必要もなかった。J子さんは、たちまち妊娠したのである。それを検査で確認すると、J子さんは跳び上がって狂喜した。
タネ明かしを一つ。「手術予告」というショック療法の効果もさることながら、それによってJ子さん夫婦の性生活に少なからぬ変化が訪れたのである。いくらセックスに励んでも赤ちゃん
ができない、そんな夫婦生活の繰り返しが何年も続き、セックス自体を無意味にさえ思うようになっていた。それが、「手術」の声を聞いて一気にリラックスしたわけだ。
「ええ、やはり、そりゃもう、〃妊娠するため″なんてことは全く考えないで、本当に燃えて、それに打ちこんだという感じで……」
耳まで赤くして口ごもりながらJ子さんが白状する。そう、それがよかったのだ。なによりも情緒たつぶりに性生活を楽しむべし。赤ちゃんは、結果として訪れてくるもの。決して、奇跡
ではないのである。

参考:結婚相談所 選び方

出産後の美貌は

2014年6月19日

EA056_L
「子ども?とんでもない。若さと美貌を保つために、私は絶対に妊娠なんかしませんよ」こんなことをトクトクとしゃべる女性が少なくない。
私の古い友人の娘であるP子さん(といっても、結婚して三年目だが)も、その一人である。
「だって、体の線が崩れてしまうでしょう。せっかくのプロポーションが台無しになるじゃないの」
よく聞いてみると、夫との性生活もごく普通に行われていて、子どもができたら産んでもいい、ぐらいのつもりでいるらしい。
だが、現実に妊娠の気配はない。そんなところから、冒頭のようなセリフを本気半分で口にしているのだという。
「そりゃP子ちゃん。思い違いをしているね。女としての成熟度は、子どもを産んだ人ほど高いんだよ」
私はデータを並べて説明した。
一般に不妊症の三割は、排卵が不順なことに原因がある。つまり、女性ホルモンが不足しているのだ。
こういう体質の人は、子育てに追われないから化粧に時間をかけ、若づくりしているだけのこと。どうしても早く老化が訪れる。四十歳すぎると、容色が急激に衰えがちである。
「だって、二年後輩のA子さんなんか、もう二人も子どもがいて、オッパイは垂れ下がってるし、所帯じみてしまってるわよ」。P子さんは不服そうに反論した。
「それは本人が不節制してるからさ。オッパイだって、子どもを産んだあと放っておかないで、入浴時によくマッサージしたり、腹筋の鍛錬をして血液の循環をよくしておけば、理論的にいっても小さくなったり、垂れてしまうはずがないよ」
かっては、妊婦が自ら体内に大量のホルモンを出すことで〃胎児を養っていく″といわれていた。
しかし実際は逆であり、お腹の中の赤ちゃんが母親に必要なホルモンをたくさん出して母親の女性度を一気に高めていく、ということが学問的にも証明されるようになっているのである。
「つまりだね、妊娠して初めて、胸もおしりもふっくらと女らしくなるんだよ。一人か二人、子どもを産んだ女性が最もきれいだし、セックスだってそのころが一番いい、とウチの患者さんも口をそろえてるよ」
人それぞれの結婚があります
どんなにP子さんににらまれようと、世間から手前ミソだとそしられようと、「女性よ、永遠に美しく」と願う私の信念は変わらない。
不妊症に悩む女性は努力して一人でも子どもを産み、女性としての美しさを完成させてください。試験管ベビーに頼らなくてもいい。いまの医学を信じて、その門戸を叩くことですよ。

出典: